日本の太陽電池の国内シェア


日本国内太陽電池が設置されているメーカーのシェアは、どうなっているのでしょうか?
調べていると、やはりシャープの太陽電池が国内トップシェアのようです。

続いて、京セラの太陽電池(太陽光発電システム)、三洋電機の太陽電池(太陽光発電システム)と
続いているようですね。

日本国内では、シャープの太陽電池のシェアは大きく、世界シェアから見ても3位ということで、
国内では一番メジャーな太陽光発電メーカーではないでしょうかexclamation&question

国内シェアトップのシャープの理由として、価格の安さが要因していると感じています。
近年、太陽電池の市場が急拡大しており、様々な企業が参入してきていると聞いております。
しかし、まだまだ太陽電池というのは、高価な代物。
この不景気の中、容易に太陽電池を設置しようとする方も少ないはずです。
こういった現状から察しても、消費者は性能よりも価格の安さということにメーカーを選ぶ基準の
ウエイトが大きくなっているのではないかと思います。

日本太陽電池国内シェアをめぐっては、各太陽光発電メーカーも黙ってはいません。
この急拡大する太陽光発電市場で、各メーカーが新製品の開発や知名度アップのCM活動を
積極的に進めているように感じます。

そんな中、性能を重要視する私がオススメするのは、三洋電機の太陽光発電システムです。
三洋電機を買収し、子会社としたパナソニックが、初のコラボレーション商品となる
住宅用太陽光発電システムを発表しています。

そのパナソニックは、2012年度には太陽光発電市場において、日本シェアNO.1の地位を確立
したいとコメントまでしているようですねわーい(嬉しい顔)

今後、太陽電池市場は、石油の枯渇やCO2排出量の削減などにより、さらに急加速していくことは
間違いありません。
安くなったと言われる太陽電池、しかしまだまだ高価なのが現状です。
今後、各メーカーが競い合うこと、また、普及することにより、ソーラーパネルの価格が低下することを
我々消費者は期待したいものですねわーい(嬉しい顔)
posted by ソーラーパネルで節電 at | 口コミ・評判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク