太陽光発電設備の普及率が高い都道府県は?


太陽光発電システムの普及率は、いったいどれくらいなんだろうと思い、
都道府県で一番普及している地域などを調べてみましたexclamation

太陽光発電システムの普及率を調べていると、熊本県が全国第2位という見出しで、朝日新聞に記載されていました。
新聞によると、2009年度の都道府県別の太陽光発電普及率は、
1位が佐賀県
2位が熊本県
3位が宮崎県
という結果だったようです。

太陽光発電の普及率が高い九州地方exclamation
全国普及率のトップ10までになんと6県が入っているのだとかexclamation
スゴイですね^^;

都道府県の中でも、九州地方の太陽光発電普及率が高い理由として、日照量があるようです。
九州地方は、日照量に恵まれており、発電に必要な太陽光が多いというメリットがあるようです。
当然、日照量が多ければ、発電量も高くなり、太陽光発電システムの設置費用を回収する期間が
短縮される
というわけです。
なので、地域的な条件の良さもあり、太陽光発電の普及率の高い理由となっているようですね。

また、05年度には打ち切られた国の補助金制度が、09年1月に再び始まったことや、都道府県の
各自治体による補助金制度も始まり、太陽光発電の設置費用を条件がよければ約10年で回収できる
という試算もあることから、普及率が上昇してきたといわれています。

太陽光発電市場には、新しい企業が続々と参入してきています。
メーカーが増え競争が始まると、システム自体の価格の下落が見込まれます。
そうなってくると、今後さらに太陽光発電の普及率の上昇は加速していくのではないでしょうかexclamation&question
posted by ソーラーパネルで節電 at | 口コミ・評判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク