「三洋電機」太陽光発電の保障について考えてみる!


三洋電機太陽光発電システム保障について考えてみます。
三洋電機の太陽光発電システムの保障には、10年保障が用意されているようです。

太陽電池モジュールの出力低下などは、その10年保障の対象内でだそうです。
ただ、太陽電池モジュールの能力が公称最大出力の90%未満となった場合
保障されるのだそうです。

しかし、このソーラーパネルの出力低下した場合の保障は分かりにくいですね^^;
公称最大出力の90%未満となった場合exclamation&question
やっぱり分からないですねもうやだ〜(悲しい顔)
太陽光発電モジュールを設置してから、この太陽電池モジュールの発電量が、
近頃、発電量が少ないんじゃない?」と感じたら、調べてもらったほうがよさそうですね。

その他、三洋電機の太陽光発電システムの保障は、構成機器が10年保障で、
カラー電力モニタは、2年の保障となるようです。

三洋電機太陽光発電システムにも期待寿命というのが設定されており、
太陽電池モジュールだと20年以上、設計寿命として、パワーコンディショナは、
15年と記載されていて、10年以上の耐用年数はあると考えられているようです。

三洋電機以外の太陽光発電メーカーのシステムをみても、多少違いはありますが、
大体同じような保障が設けられているようです。
ただ、保障の充実度で言えば、太陽光発電メーカーの京セラが一番のような気がします。

太陽電池モジュールの寿命は長く、30年以上も稼動し続けているような事例は、
よく耳にしますよね。

ただ、パワーコンディショナは太陽電池モジュールより寿命は短く、10年以内で
故障してしまう場合もあれば、10年以上使用し続ける事ができることもあるような
機器のようです。ただこれは、家電製品と同じような感じのようで、言い方は悪いですが、
機器自体に当たり外れがあるのかなという感じがしますがく〜(落胆した顔)
posted by ソーラーパネルで節電 at | 保証やメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク