ソーラーパネル設置で国から補助金が支給されます!


ソーラーパネルを設置するとから補助金が支給されるようです。

からの補助金が支給されるようですというのは、残念ながら平成22年度の
住宅用太陽光発電設置に伴う、国からの補助金の受付は終了していますが、
2011年1月25日に経済産業省で行われた審議会で、平成23年度の補助金の
見込み額が発表されているのです


まだ、正式な発表はされていないのですが、経済産業省で発表された金額を
紹介しますねexclamation
平成23年度の住宅用太陽光発電補助金の単価は、1kWあたり4.8万円
発表されています。

平成22年度の補助金受付中に、ソーラーパネルを設置していれば、1kWあたり
7万円が支給されていたのですが、どうやら1kWあたり4.8万円に減額となるようですもうやだ〜(悲しい顔)

この他、売電価格(余剰電力買取制度)も平成23年度の単価は、減額となるようで、
こちらも最終決定はされていませんが、下がることにほぼ間違いなさそうですバッド(下向き矢印)

平成23年度の余剰電力買取制度の売電単価は、こちらも見込み単価ですが、
1kWあたり42円と発表されていました。

平成22年度の売電単価は、1kWあたり48円なので6円減額ですね。
こちらの売電単価は、ソーラーパネルを設置してから10年間固定なので、
単価が1kWあたり48円と1kWあたり42円では、大きな差になりそうですね^^;

いずれにしろ、国からの補助金や余剰電力買取制度は、ソーラーパネル設置の普及を
促すものなので、普及が進むにつれ、さらに引き下げとなるのではないでしょうか?
posted by ソーラーパネルで節電 at | 補助金や売電価格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク