太陽光発電促進付加金の2011年度の単価について


2011年度(平成23年度)の太陽光発電促進付加金の単価が発表になりました。
2011年4月から1ヵ月の使用量に応じて、電気料金に加算されます。

太陽光促進付加金のイメージは、
[電気料金][基本料]+[電力量料金]+[太陽光発電促進付加金]
というようになるようですね。

太陽光発電促進付加金とは、ソーラーパネルの設置を普及させるために余剰電力買取制度が
平成21年11月から始められました。余剰電力買取制度は、太陽光発電システムで発電した電力
のうち、家庭で使いきれなかった電力を電力会社に買い取ってもらう制度です。

この余剰電力買取制度にかかった費用は、実は電気を電力会社から買っている我々消費者が
使用した電気量に応じて負担することで、このことが太陽光発電促進付加金というそうなのです。

太陽光発電促進付加金の単価は、各電力会社により算出されるようで、平成23年4月から
始まる太陽光発電促進付加金の単価は東京電力と関西電力は同じで、
毎月の電気使用量(kWh)×0.03円が負担する料金となるようです。

平成22年度は、太陽光発電促進付加金の負担はありませんでした。
余剰電力の買取費用などが少なかったなどの理由があったようです。

しかし、現状は太陽光発電の普及が加速し、この太陽光発電促進付加金の単価は、
今後さらに上昇するのではないかと考えています。
その一方で、負担の元となっている余剰電力買取制度の売電の単価も下がって行くということで、
平成23年度の売電価格は42円/kWhになるという見込みです。

太陽光発電システムを設置されている方は、この余剰電力買取制度の恩恵を受ける事が
できますが、太陽光発電システムを導入されていない方にとっては、太陽光発電促進付加金の
負担だけになってしまうので、太陽光発電を設置している方のメリットと言えますねるんるん
posted by ソーラーパネルで節電 at | 補助金や売電価格について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク