太陽電池を自作して充電できるのか?


太陽電池を自作(自分で作る)してバッテリーなどに充電できるのか考えてみました。

太陽電池自作する事に挑戦しようと考えた事があります。かなり昔…^^;
まったく知識もなく、「太陽光で発電して電気をつけられたらいいよな〜」
程度の事ですが、ソーラーパネルにライトをつなげたら点灯すると当時は簡単に
考えていました。

しかし、昔は自作用のソーラーパネルなんて手に入れることなんかできませんでした。
今でこそ、太陽電池の知識などは、パソコンがあればインターネットで検索して、
簡単に調べる事ができたり、自作用の太陽電池モジュールを探す事だって出来ます^^

なので、太陽電池を自作して発電した電力を充電する事も可能なのです。
当然、それなりの知識は必要ですが、インターネットで調べれば問題なしexclamation

太陽電池自作するといっても、趣味程度で自作できる太陽電池には限界があります。
よく実践されているシステムでは、キャンピングカーの補助用バッテリーに充電することや、
バッテリーに充電して、夜間の家の外灯用にしたりされることが多いようです。

それでも、太陽電池モジュールや周辺機器を購入し自作するとなると、
それなりの金額が必要になってきます。

そこでオススメするのが、中古の太陽電池モジュールです。


記載されているのは一部で、たくさんの商品が出品されていまするんるん
実際にオークションサイトにて確認してくださいね。

この他にも、太陽電池モジュールで発電した電力を蓄えておく為の、バッテリーが必要です。
バッテリーを繋げて、自作の太陽電池となるとバッテリーの過充電や、過放電などにより
バッテリーを損傷させてしまうこともあるので注意
しましょうね。

楽天でいくつかソーラーチャージコントローラーを見つけたので参考にどうぞ♪
ソーラーチャージコントローラーはこちら
posted by ソーラーパネルで節電 at | その他・活用方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク