太陽電池の価格!今後の推移は?


太陽電池の今後の価格推移は下落バッド(下向き矢印)する傾向にあるようです。
というのも、太陽電池は今でこそ補助金や余剰電力買取制度など、
太陽光発電システムの設置を普及させるための政策が行われていますが、
昔は、そのような政策も充実しておらず、太陽電池の設置費用の元を取る
ことなど考えられなかったと聞いております。

また、太陽電池価格は、今でも高価であることには変わりないのですが、
1990年代では、今よりさらに高価なものであったようです。

それが、太陽電池の普及により、徐々に太陽電池の価格が下落バッド(下向き矢印)
推移していると言われています。
現に、1990年代では太陽電池の価格は今の約倍程度の価格と言われ、
投資目的でソーラー発電システムを設置する方はいなかったと思います。

太陽電池価格が、10数年で約半額の価格に推移していることから、
太陽光発電システムの価格は、今後さらに下落していくのではないかと
思われます。

というのも、CO2を削減して温暖化をストップさせることを目指す国の政策
の一環である太陽光発電の補助金や、余剰電力買取制度などにより、
太陽電池を設置する家庭の割合は、かなり増加に推移していることは
間違いありません。

しかし、太陽電池の価格はまだまだ高価なもので、簡単に設置できる
レベルではありませんが、太陽光発電の市場は今後大きくなると予想され、
様々な企業が新規参入ぴかぴか(新しい)してきております。

このようなことからも、太陽電池の普及はさらに加速して、太陽光発電の
価格も下落に推移していくと考えられます。
posted by ソーラーパネルで節電 at | 価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク