ソーラーパネルを屋根に取り付ける際の方角や角度


ソーラーパネル屋根取り付ける際の方角角度
一体どのようにすればよいのでしょう。

ソーラーパネルを既存の住宅に取り付けする場合、一番効率のよい
方角や角度に取り付けしようと思っても、屋根の形状が決まって
しまっているので、現状で考えられる最適な取り付けを考えなくてはいけません。

ソーラーパネルを取り付けるのが新築の屋根であれば、最も発電に有利な
方角や角度になるように屋根の形状を設計してもらえばいいんですがね。

一般的に屋根ソーラーパネルを取り付ける方角は、真南向きが一番よいとされています
三洋電機のホームページにも説明されていますが、真南向きを100%の発電量とすると、
東側、西側は共に約85%の発電量となるようです。
北側の屋根は、それ以下の発電量となるようなのでオススメしていないそうです。

屋根に取り付けるソーラーパネルの方角が、東向き、西向きに取り付けする場合と
南向きに取り付けする場合では、約15%の差がありますが、十分に使用できる方角だ
そうです。

なので、取り付けする屋根の形状が、南向に希望容量の太陽光発電システムを設置
できればよいのですが、南側に設置できるスペースが限られている場合は、
東向き、西向きの屋根に取り付けても問題が無いということのようです。

ソーラーパネルの取り付け方向が決まれば、後は取り付けをする角度をどうするのかexclamation&question
ですよね。

ソーラーパネルの取り付け角度は、地域によって最適な角度というのは多少異なるようです。
しかし、ソーラーパネルの取り付け角度が、20度と30度での発電量の差は約1%〜2%だそうで
あまり気にする程度ではなさそうです

一般的に既存住宅にソーラーパネルを取り付ける場合、最大の発電量となるように考えられて
取り付けをすることになるようですが、金銭的や構造的な耐風圧性などを考慮して取り付けする
ことになるようです。
なので、必ずしも最大の発電量となるように取り付けをするとは限っていないそうですね。
posted by ソーラーパネルで節電 at | 口コミ・評判 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク