三洋電機 ソーラーパネルの耐用年数


ソーラーパネル耐用年数について紹介したいと思います。
三洋電機では、ソーラーパネルの耐用年数が設計寿命や期待寿命として
発表されています。

三洋電機ソーラーパネル耐用年数は、期待寿命として20年以上
いわれていますが、ソーラーパネルを設置している場所の環境により
異なってくるようです。

三洋電機に限らず、各メーカーのソーラーパネルの耐用年数も、20年以上と
書かれている事が多く、ソーラーパネルの耐用年数に関しては
あってないようなもののように感じます

万が一にも、ソーラーパネルの出力が低下することが確認されて場合でも、
三洋電機には10年保証が設定されているので、公称最大出力の90%未満
となったソーラーパネルの場合保証が適応されると思うので安心ですわーい(嬉しい顔)

太陽光発電システムの一部であるパワーコンディショナ耐用年数は、
三洋電機のホームページに10年以上と書かれています。

また、パワーコンディショナの設計寿命は15年だそうで、定期交換や
必要な消耗部品はないとの事です。

パワーコンディショナが故障など交換が必要になった場合、取り替え費用として
パワーコンディショナの機器代と工事費用が必要となってくるようです。


ソーラーパネルと、パワーコンディショナの耐用年数についてお話ししました。
まとめると、ソーラーパネルの場合、耐用年数としては20年以上あるということ、
パワーコンディショナの耐用年数は10年以上ということになります。

ただ、ソーラーパネルの耐用年数は20年以上あるのですが、長年使用していると
やはり多少は発電能力の低下が認められるようです。
ま、十分に使用できるレベルのようですが^^;
posted by ソーラーパネルで節電 at | 保証やメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク