ソーラーパネルの塩害被害について


海が近い地域では、ソーラーパネル塩害の被害を受ける可能性がありますがく〜(落胆した顔)

ソーラーパネルのメーカーによっては、塩害地域の設置は不可としている場合もあり
塩害地域にソーラーパネルを設置する場合は、それなりの対策をしなければいけないようです。

例えば、塩害対策がされているソーラーパネルを選んだり
太陽光発電システムの周辺機器をできるだけ屋内に設置するなどして、
塩分から機器を守る対策が必要となってきます。

もし対策をせず、塩害の被害を受けてしまうと、塩分により金属部に腐食やさびが発生し、
著しいソーラーパネルの被害が予想されますもうやだ〜(悲しい顔)

太陽光発電システムのきちんとした設置業者であれば、塩害地域のソーラーパネルを
設置するノウハウも持っていると思うので、見積もりなどされる場合に
忘れず確認されるとよいかと思いますexclamation

塩害とは、塩分によって農作物その他の植物や電気設備、鉄、コンクリート構造の
施設などが害を受けること。《ウィキペディアより》

海が近い地域では、空気中の塩分濃度が高く、海からの距離が500m程度の地域が
塩害地域と定められている事が一般的に多いです。

場合によっては、2km以上離れている地域であっても、塩分が風に乗って運ばれ
塩害を引き起こすケースがあるようです
がく〜(落胆した顔)

自宅がこのような塩害地域にあると考えられる場合、塩害地域用は別途対応となっている
ソーラーパネルメーカーもあるので、ソーラーパネルメーカーを選択する段階で
きちんと調べておいた方がよさそうですねひらめき
posted by ソーラーパネルで節電 at | 問題点 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク