太陽電池のメンテナンスについて考えてみる


太陽電池(ソーラーパネル)のメンテナンスについて考えた見ました。
そもそも、太陽電池にはメンテナンスというものが必要なものなのでしょうかexclamation&question

太陽電池メンテナンスフリー」だとか、「太陽電池のメンテナンスは必要ありません」
などと書かれているホームページを見かけたりしますが、その反対の「メンテナンスは
必要です」と書かれているページも存在するのです。

いったい、太陽電池のメンテナンスは、必要なのでしょうか?必要でないのでしょうか?
太陽光発電システムには、太陽電池モジュールからはじまり、パワーコンディショナなどの
周辺機器が存在します。

太陽電池モジュールのメンテナンスと考えると、砂埃や落ち葉、また鳥の分などが考えられます。
砂埃などの汚れは、雨によって流されるそうなので、特にメンテナンスを行う必要はないそうです。

しかし、鳥の糞などは、油分を含んでいるそうで、長期的に放置しておくと、太陽電池モジュールの
温度上昇の可能性があり、ホットスポット現象と言われるそうですが、よくないそうなのです。

掃除できるのであれば、中性洗剤を使用しての掃除がよいとされていますが、当然高所作業の
場合が多いので、業者に依頼したほうが良いとのことでした。
このような事から、太陽電池モジュールは多少ながらメンテナンスは必要な場合があると言う事ですね。

一方、パワーコンディショナは、太陽電池モジュールほど耐用年数は長くなく、電化製品並みの寿命と
いうことなので、できれば定期的なメンテナンスをしたほうがよさそうですね。

太陽光発電メーカーにもよりますが、定期的なメンテナンスを10年保証の加入条件にしている
メーカーありますので、やはりメンテナンスはシステムの寿命にも影響してくるようなので、
定期的に行ったほうがよそそうですね
^^
posted by ソーラーパネルで節電 at | 保証やメンテナンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク