太陽光発電設置コストの推移って下落傾向なの!?


太陽光発電設置コスト推移が下落傾向だということをご存知でしょうか?
昨今では、昔と違い、新築住宅を建てるとほとんどの家の屋根にはソーラーパネルが設置され、自然エネルギーを利用するエコに関心が高まっているようです。

太陽光発電 コスト 推移

また、補助金制度余剰電力買取制度などによって、太陽光発電の設置コストが下落に推移しているのも大きな要因ではないでしょうか?
その他にも、やはり多くの方が太陽光発電を設置するとなると、ソーラーパネルの大量生産などにより、システム自体の価格も下落に推移しているのもよく聞く話ではないでしょうか。

ですが、実際のところ、まだまだ太陽光発電を設置するかどうか迷われている方も多くいらっしゃると思います。
本当に設置コストを回収できるのだろうか?」や、「今後もっと、設置コストが下落に推移していくのではないだろうか?」などなど、考えられますよね。

ただ、太陽光発電の設置コストが今後もっと下がっていくだろうとは考えられますが、現在の補助金制度や余剰電力買取制度に付いては、縮小されていくように考えられます

これは私の考えですが、太陽光発電が普及すれば、補助金を出してまでさらに拡大させる必要が無くなるので、いつ打ち切られるとも限りません。
もし、設置コスト的に今後もう少し下落に推移するのではないか? と、考えて躊躇している方がいらっしゃるのなら、このようなことも想定して今後の価格推移を判断されてみてはと思います。

posted by ソーラーパネルで節電 at | 価格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク